ページ上部へ戻る

【新型コロナウイルス感染予防対策について】

改訂版10月1日
メタセコイアの森の仲間たち 危機管理室

新型コロナウイルスの感染予防対策を実施しております。
皆様が安心・安全にご参加いただけるよう、ご理解とご協力のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

※新型コロナウイルス感染防止対策に努めますが、完全にそのリスクを取り 除くことはできないことをご了承ください。新型コロナウイルス感染防止対策に努めますが、完全にそのリスクを取り 除くことはできないことをご了承ください。

新型コロナウイルス感染症対策

【 全ツアーに関する感染予防対策 】

①集合~お引き渡し(解散)まで全スタッフはマスクの着用を徹底とし、
業務にあたらせていただきます。全スタッフはツアー添乗期間中の起床時に検温を行い、
37.5℃以上の発熱が確認された場合、該当スタッフは業務を行いません。

②全参加者様には、起床時に検温を行い、検温記録を参加券に記載し、当日受付時にご提出を
お願いいたします。なお、37.5℃以上の発熱や、重篤な気管支症状(咳等)がある場合は、
キャンプのご参加をお受けいたしませんので、ご了承ください。

  1. ③プログラムの終了時や食事前後の手洗いおよびうがい、アルコール消毒を徹底いたします。
    さらに、消毒がお子さま自身ができるように消毒液等の常設をしています。

④食事の際は、全後左右の隣席と、間隔をあけて召し上がっていただきます。
昼食時は、屋根のあり換気いい外で食べる予定です。雨の時は施設内で
実施する可能性もあります。

⑤宿泊をする際には、隣同士間隔をあけて寝ていただきます。

⑥キャンプ中に発熱した場合は、即時隔離対応し、保護者様へご連絡させていただきます。)

⑦消毒液を用いて定期的に清掃しています。
(キャンプ中やキャンプ後、消毒液などを用いて清掃し、常に除菌を徹底します。)

⑧おやつはバスの中では禁止にしております。

※野外の通気性の良く、大人数が密集しないプログラムや熱中症になる可能性のある場合は、
一部マスクを外して対応する場合もございます。基本的に、野外で過ごすことを心がけています

 

【バスツアーに関する感染予防対策】

①バス乗務員は、出勤時には体温検知器にて全員検温しており、
37.5℃以上の発熱が確認された場合、該当スタッフは乗務を行いません。

②日常点検を行う際に、バス車内の消毒を行います。

③バス乗車時に手指の消毒を徹底します。バスに乗る全ての状況
(各集合場所での乗車時 、休憩地での乗車時 、中間移動での乗車時等)において、
乗車前に消毒を行います。

④バスは、座席の間隔をあけて(ソーシャルディスタンス)座っていただくように
注意喚起いたします。

⑤バス内の換気を徹底します。窓の開閉による定期的な換気はもちろんのこと、
一部のバスには自動換気制御機能により、クーラーをつけながら自動で換気
(バス内を1分半〜2分で換気できる)をしております。トイレ休憩時にバスの窓を開けて、
さらに換気を徹底いたします。

株式会社日本タクシー(https://nihontaxi.co.jp/archives/8675

 


※流通事情によりマスク及び消毒液等が不足した場合は一部対応ができない場合がございます。
※コロナウイルスの予防に伴うツアーの取消料、変更手数料等については規定どおり収受させていただいております
※今後、状況に応じて内容の変更する場合もあります。