ページ上部へ戻る

こどもキャンプQ&A


Q.キャンプでどんなことをしますか?

A:郡上の見守り教育を実践するキャンプです。まずは、みんなでやりたいことを話し合って、友達の話を聞いたり、意見を言ったり、キャンプスケジュールを決めていきます。

代表的な川あそびでは、川で泳いだり・飛び込んだり、魚とり、水のかけあいなどなど、細かくいうとたくさんあります。他にも、・森・工作・料理・キャンプファイヤー・きもだめしなどなど、数えきれないほど、こどもたちの自由な発想がでてきます。


Q.キャンプの人数はどのくらい?

A:2泊3日・3泊4日のキャンプでは、1コース、小学1年生〜中学3年生まで約50名参加します。6泊7日コースは、25名参加します。


Q.スタッフは何名います?

スタッフは、8名以上います。レスキュー3SFR・キャンプインストラクター・キャンプコーディネーター・グリーンツーリズムインストラクター・エコツーリズムインストラクター・上級救命講習・メディックファーストエイド修了等の資格を有したものを中心に、学生〜社会人の方まで幅広くおりますが、遊ぶフィールドの危険性や食事の衛生面、安全にキャンプが行えるよう、キャンプ前に必ずスタッフだけで事前研修を行っています。


Q.万が一、ケガした時は?

A:夏:郡上市民病院まで車で10分(24時間受付)。

冬:鷲見病院まで、15分(24時間受付)。

春:村の診療所まで5分。郡上市民病院まで車で15分(24時間受付)。


Q.こどもが、「一人で参加したい!」と言っているのですが、大丈夫でしょうか?

A:約45名の参加のうち1割ほどが一人で参加されています。1年生も数名います。お子さま自身が『行きたい!』っと、おっしゃっているのであれば、ほぼ大丈夫です。しかし、体験させたいから、『いってきなさい!』と強制のような形であれば、実際に参加した時に、ホームシックになりやすく、逆にトラウマになってしまうケースがあります。友達ができるように目にかけ、スタッフで常に共有し,全力でサポートさせていただいております。


Q. ご飯つくる?

A:1日目は必ず夕ご飯を、みんなで薪を使ってご飯を作ります。
地域の方々が畑で作った野菜をなるべく使用し、郷土料理の鶏ちゃんや郡上鍋など、郡上の昔からの伝統のご飯をみんなで力を合わせて作ります。
食物アレルギーなどがある場合は、事前にメタセコイアの森の仲間たち(050-5241-1635)までご相談ください。


Q. 参加費の入金をしても、何も連絡がないのですが大丈夫ですか?

A:入金確認のご連絡は行っておりません。もし、ご心配の場合は(株)ベイホックトラベル(0575–63–0815)までご連絡ください


Q. 夜尿が気になるのですが、夜起こしてトイレにいかせてもらえますでしょうか?

A:寝る前に必ずトイレにいくように声をかけるようにしています。「夜尿が心配です」と参加する前に当法人送っていただく「身上書」に必ずその旨ご記入ください。夜中0時に一度トイレにいくように対応いたします。


Q. グループの活動って何のグループですか?班の同班や別班は可能ですか?

A:基本的にグループで活動することはありません。夜のふりかえりやテント(夏のみ)で寝る時にグループになります。ご一緒をご希望や別グループの場合には、参加する前に当法人送っていただく「身上書」に必ずその旨ご記入ください。


Q 雨の日はどうするの?

A:野外活動に、雨はつきものです。川の遊びなど、危険に伴うものについては、基準を元にスタッフの判断で、縮小や中止にすることもあります。しかし、少々の雨であればカッパを着て活動できます。その時に集まった仲間と一緒に相談して、雨ならではの遊びを考えましょう!天候や気分に合わせて、あそびの変更できるのも、このキャンプの醍醐味です。


Q ハチ、ヘビみたいな、怖い虫や動物はいないの?

A: 自然の中には、ヘビやハチだけでなく、蚊やアブ、ブヨ、ムカデ、 サシガメなど、刺されたら、ちょっと痛かったり、腫れたりする虫が沢山います。ただし、長袖長ズボンを切ることが一番の虫刺され対策になります。しかし、夏は特に、蚊やブヨが大量発生しますので、完全に刺されないようにすることは不可能です。薄手の長袖長ズボンと虫除けスプレーの準備をしっかりしましょう。